資料データベース[近世以降]

近代の汽車土瓶

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。「大舩軒」銘汽車土瓶。大船駅で買って、横須賀線で持ち帰ったか。
◎展示場所:

近代の磁器徳利

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。料理店などで使われていた徳利か。「進藤」銘のものもある。
◎展示場所:

近代の磁器歯磨き粉入れ

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。「本舗東京資生堂謹製」の銘がみえる。
◎展示場所:

近代の磁器仏飯具

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。瀬戸産。全面に鮮やかな釉薬をかけている。
◎展示場所:

近代の磁器湯飲み

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。料理店などで使われていた湯飲みか。
◎展示場所:

近代の磁器ぐい飲み

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。料理店などで使われていたぐい飲みか。
◎展示場所:

近世陶器碗徳利

◎説明:江戸時代後期。屋号らしき文字が掻きおとしで描かれている徳利。
◎展示場所:

近世陶器鉢

◎説明:江戸時代後期。大形の陶器鉢。美濃系か。
◎展示場所:

焙烙(ほうろく)

◎説明:江戸時代後期。豆の乾煎りなどに使われた素焼きのフライパン。
◎展示場所:

ページ上部へ戻る