天神島臨海自然教育園

天神島臨海自然教育園

 

三浦半島の代表的な海岸の自然環境を保護しています。




天神島のハマオモト(ハマユウ)は、1953(昭和28)年に自然分布の北限のハマオモトとして神奈川県の天然記念物に指定され、保護されてきましたが、さらに1965(昭和40)年には天神島の一部と沖の笠島、周辺水域を含めて名勝・天然記念物として指定され、翌年1966(昭和41)年から博物館が管理運営を行い、海と海岸の動植物の保護、富士山や伊豆半島、伊豆大島を望める美しい景観を保全しています。
砂浜や磯、塩沼地をそなえ、四季の変化を体感できる貴重な場所です。ぜひご来園ください。

01天神島臨海自然教育園 予備_天神島ハマオモト 予備_笠島 予備_天神島臨海自然教育園 予備_天神島臨海自然教育園管理棟

ページ上部へ戻る