資料データベース[古代]

石帯

◎説明:巡方は、丸鞆(まるとも)とともに帯の飾り。官人の官位などによって素材・大きさなどが異なる。
◎展示場所:

卜骨(ぼっこつ)

◎説明:卜骨は、火箸を押し当ててできた焼け方や割れ方などで吉凶を占う。鹿・イルカの肋骨や海亀の甲羅なども使っている。
◎展示場所:

石製紡錘車

◎説明:糸を紡ぐ際に回転力をあげるためのおもり。軸は木・竹など有機質のものが一般的である。
◎展示場所:

土錘

◎説明:土製の網のおもり。古代になると俵形が主流となり、現代まで継承される。
◎展示場所:

砥石(といし)

◎説明:刀子や鎌などの金属製品を研いでいる。
◎展示場所:

刀子(とうす)

◎説明:武器ではなく、現代の小刀と同じ工具として使われている。
◎展示場所:

◎説明:宗元寺址は県内最古級の寺院址。出土した軒丸瓦にみられる忍冬蓮華文は、奈良県西安寺址出土品と同じ型で製作されたといわれている。
◎展示場所:

須恵器円面硯(すえきえんめんけん)

◎説明:硯(すずり)が出土したことで、文書を書く役人などの存在が想定される。
◎展示場所:

墨書土器(ぼくしょどき)

◎説明:周囲はすべて欠損しているが、「蔵寺」?の文字がみえる。
◎展示場所:

ページ上部へ戻る