資料データベース[近世以降]

近代のガラス瓶

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。大形の瓶はビール瓶か。
◎展示場所:

近代の陶磁器皿

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。瀬戸美濃系の陶器・磁器皿。
◎展示場所:

近代の磁器

◎説明:明治時代末期~大正時代初期。料理店などで使われていた食器か。
◎展示場所:

キセル

◎説明:中馬堀遺跡からは、多くのキセルが出土しており、江戸時代後半には喫煙が庶民にも広がっていたことを示している。
◎展示場所:

近世陶器

◎説明:小壺の蓋。瀬戸・美濃系陶器。
◎展示場所:

向井将監正方墓

◎説明:甕は備前焼。江戸幕府旗本向井将監家は、幕府船手頭を代々世襲していた。正方は延宝二(1674)年没。
◎展示場所:

向井将監正方墓

◎説明:蓋を被覆した銅板には、姓名・没年・戒名などが墨書されている。
◎展示場所:

向井将監正方墓出土品

◎説明:長い刀には反りがみられるが、短い刀は直刀。
◎展示場所:

向井将監正方墓出土品

◎説明:目貫・栗形には精巧な細工が施されている。
◎展示場所:

ページ上部へ戻る