体験学習器具「パスカル君」と「ひかる君」

体験学習器具「パスカル君」と「ひかる君」

 とても人気の展示物です。 verny-7
ひかる君(左)パスカル君(右)

◎「パスカル君」
 小さな力で重いものを持ち上げることができる展示物です。子どもが大人を持ち上げたり、
1人の重さで2人を持ち上げたりすることができます。
(パスカル君のなぞ)
 「パスカル君」には、乗るための2つの台があり、これが、径の大きい所と径の小さい所を押すようにできていて、その径の比率の差が伝わる力の比率になる「パスカルの原理」によって動くようにできています。フランス人学者のパスカルが発見したこの原理が「パスカル君」のもつパワーの秘訣(ひけつ)です。
 子どものみなさんも、学校の授業で「パスカルの原理」が出てきたら「パスカル君」と
ヴェルニー記念館を思い出していただけたら幸いです。
 この原理は、スチームハンマーにも応用されています。
◎「ひかる君」
 ペダルをふんで、ハンマーを持ちあげて、それを落下させて電気を発生させて
「光る」展示物です。
 運動エネルギーによって電気が発生する姿を目の当たりにすることが出来ます。

ヴェルニー記念館

ページ上部へ戻る