三浦半島をとりまく地形

三浦半島をとりまく地形

02三浦半島をとりまく地形

三浦半島は東を東京湾や浦賀水道、西を相模湾に囲まれています。水深1,000mを越える相模湾は、フィリピン海プレートと北米プレートの境界となっていて、多様な生き物がくらしています。

三浦半島を中心に、東は房総半島、西は南アルプス、南は三宅島、北は秩父山地の範囲で、水平1:50,000、垂直3:50,000の縮尺で作られた地形模型を展示しています。


自然・人文博物館

ページ上部へ戻る