天神島臨海自然教育園

天神島臨海自然教育園

 

三浦半島の代表的な海岸の自然環境を保護しています。

 

天神島のハマオモト(ハマユウ)は、1953(昭和28)年に自然分布の北限のハマオモトとして神奈川県の天然記念物に指定され、保護されてきましたが、さらに1965(昭和40)年には天神島の一部と沖の笠島、周辺水域を含めて名勝・天然記念物として指定され、翌年1966(昭和41)年から博物館が管理運営を行い、海と海岸の動植物の保護、富士山や伊豆半島、伊豆大島を望める美しい景観を保全しています。
砂浜や磯、塩沼地をそなえ、四季の変化を体感できる貴重な場所です。ぜひご来園ください。

 

 

 「駐車整理券」の発行について

 

01天神島臨海自然教育園 予備_天神島ハマオモト 予備_笠島 予備_天神島臨海自然教育園 予備_天神島臨海自然教育園管理棟

 

◎教育園の利用について
教育園は、自然観察と自然環境の保護、調査研究など教育的利用を目的としています。園内での次の行為はお断りします。

 ●「笠島」に無断で上陸すること
●漁業権者以外の者が釣竿・モリ・網等の採集用具を持って入園すること
●遊泳すること、許可なく潜水行為をすること
●園内や天然記念物指定区域内の動物・植物・海藻・岩石などを許可なく採集すること
●天然記念物指定区域内でボード・帆走遊具・カヌー・ヨット・小型船舶の使用、停泊をすること
●レジャー用具や火気を使用すること
●飲酒・喫煙すること、ペットを持ち込むこと
●無断で商業用の撮影・行為をすること
●教育園の保全・管理・運営のさまたげになる行為をすること
 
ゴミは持ち帰り願います。

 

 

天神島臨海自然教育園および天然記念物指定区域

 

「天神島・笠島及び周辺水域」は神奈川県指定「名勝及び天然記念物」です。
動植物や景観を将来に残すため、ご理解とご協力をお願いします。

 

ページ上部へ戻る