資料データベース[縄文]

石鏃(せきぞく)

◎説明:大形の石鏃を含む。伊豆七島の神津島恩馳産の黒曜石製。
◎展示場所:

釣針

◎説明:小形の釣針で、丁寧に磨き上げられている。
◎展示場所:

骨角器(こっかくき)

◎説明:吉井貝塚からはヤス・モリ・釣針などの漁撈具を主体とした多量の骨角器が出土している。神奈川県指定文化財。
◎展示場所:

縄文早期の土器

◎説明:平根山遺跡は、縄文時代早期初頭からはじまる。縄文~撚糸文系の土器群。
◎展示場所:

縄文時代早期の土器

◎説明:大浦山遺跡は、縄文時代早期前葉の大浦山式土器を出土した標識遺跡。
◎展示場所:

縄文時代早期の土器

◎説明:大浦山式土器は、厚手で横位に撚糸文を施すのが特徴のひとつ。
◎展示場所:

縄文時代早期の土器

◎説明:中部高地で製作された土器群と思われ、胎土には多量の粗い火山灰が含まれている。
◎展示場所:

縄文時代早期の土器

◎説明:鴨居上の台遺跡では、沈線文系土器のほかキャンプをおこなっった際に使用した多量の焼礫も出土している。
◎展示場所:

縄文時代早期の土器

◎説明:沈線文系土器。田戸遺跡は、縄文時代早期中葉の田戸式土器を出土した標識遺跡。
◎展示場所:

ページ上部へ戻る